スタジオ・ノーヴァの日々

「カモメに飛ぶことを教えたドラ猫の物語」製作中

2018年2月9日
お知らせ
Twitter Facebook Google+

ガンカさん小タイトル

 

人形劇団プークとブルガリアのソフィア人形劇場が協力して3月にプーク人形劇場で上演される、チリの小説家ルイス・セプルベタ原作による「カモメに飛ぶことを教えたドラ猫の物語」は、美術家のガンカ・キリロバさんが来日して、ノーヴァのメンヴァーと一緒に、只今製作の真っ最中。人形の素材を求めて、フランス、中国、アメリカと、世界中を探しまわったり、人形作りの現場はとてもインターナショナルです。

             脚色演出:カディア・ペトローヴァ(日本語訳:山村 倫)

             美術:マイヤ・ペトローヴァ

             音楽:ストロヤン・ロヤノフ“Ya-Ya”

             照明:阿部千賀子(第一ステージサービス)

            音響:吉川安志

            舞台監督:石田律子

                      【出演】

          マリエタ・ペトローヴァ

          ルーメン・ウグリンスキィ

          佐藤達雄

          小原美沙

          山越美和

          前田佳奈英

           ストヤン・ロヤノフ(生演奏)

 2018年 3月10日(土) 15:00/19:00

       11日(日) 11:00/15:00

一般前売り¥4200(当日¥4500)/学生¥3500(学生証提示)/中学生以下¥3000/友の会¥3500/ペア券¥7600(2名/要予約)/グループ割¥3500(3名以上一人あたり/要予約)

【お申し込み・お問い合わせ】プーク人形劇場:TEL03-3379-0234

 

 

 

 

前の記事を見る 全て記事一覧を見る

カレンダー

2018年2月
SUN MON TUE WED THR FRI SAT
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28